FC2ブログ

国民に打ち明けない肝っ玉の無さ

さんじのぱぱは、政治に詳しくありません。

今日の毎日新聞を読んだ限りですが、
首相が、民主党の新年金制度に関する試算公表を見送り、非公表の理解を求めるそうです。

今は言えません、でも分かって下さい。 というのは、
つべこべ言わずに言うことをきけ。というのと似てます。

国民全員が、直接、意思決定の過程に関われないので、代わりとして国会議員を選んで任せているのだと思っていました。だから代議士というのだとも思っていました。

代わりに働いてもらっているとは思えません。

外交や防衛という、必ず機密事項がある分野では無いのです。

SPEEDIの結果を即時国民に開示せず、アメリカには求めに応じ提出していた昨年3月の態度と似ています。

国民不在で決めてしまいたいと言っているように見えてしまいます。

 ご理解を賜りたいのならば、情報の質と量において与党と野党・国民の間で格差を無くして社会保障をめぐる全体像について納得できる議論のできる状況を作ってから、与党としてこうしたいと言ってもらわねば、なるほどそうですねと理解できないと思うのですが。
 これこそ、「急がば回れ」じゃないでしょうか。

 「(試算を公表すれば)税と社会保障の一体改革の議論に集中できなくなる」という与党発言は、情けないですね。年金(試算)を社会保障の枠から一旦外して考えることで、間違わずに国民の納得する結論を導き出せるのでしょうか。
 「公表にはメリットもデメリットもあるので、状況の推移を見極める」という首相発言中、デメリットって誰にとってのデメリットなんでしょうか。

 あまりに自分勝手な人たちの発言に聞こえたので、噛みついてしまった さんじのぱぱでした。
スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

TPPで感じていること

さんじのぱぱは、TPPに関して、
異常な契約-TPPの仮面を剥ぐ」を途中まで読んでいました。

この本で、国家の主権が脅かされるという、投資家対国家の紛争解決(Investor State Dispute Settlement、ISDS、ISD条項)の手続き・解決機関の設置の問題点がいくつか出てきて、読んでいて何か変だと感じながらも実感が湧きにくかったのです。

たまたま、YOUTUBEで、(11月11日20時に総理がTPPへの態度を表明する)その数時間前(と質疑の中で佐藤議員が繰り返していた)の参議院予算委員会での自民党佐藤ゆかり議員質疑と総理・閣僚の答弁を見聞きし、「急がば回れ」だと思いました。
この質疑で佐藤議員が繰り返し総理に問うている、条約は国内法を曲げられることやISD条項を踏まえ、TPPに対する見解は如何に?という短い質疑時間中の議員の説明と、事前に十分な回答を準備していたのか疑問に思う答弁を見聞きしながら、本で読んだことが思い起こされてより実感が湧き、この答弁状況で各国との協議に臨むとの夜の総理会見は心許なく感じたのでした。

TPPは「国益」にかなうかが議論になりますが、そもそも国益の考え方は「内田樹の研究室」ブログ(「雇用と競争について」「グローバリストを信じるな」)でも考えさせられました。

難しい話題なので、理解できずに何か物を言うのは控えるべきかもしれませんが、分からないながらも、今、感じていることは、災害復興に重点を置き、日本の体制を整えつつ戦略を練るのが先決のように思えてなりません。

■2011年11月12日追記
予算委員会の映像は、YOUTUBEの他に、
[参議院インターネット中継]のサイトから
画面左下の
[会議名からの検索]で
「予算委員会」を選び

[過去の審議中継]で
2011年11月11日 予算委員会をクリック
1時間35分40秒後から見られました。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

優先席付近の携帯電話電源オフ

前のブログで、山手線に乗ったとき、優先席で携帯電話を使う人々を見かけたことを書きました。

今日は、大江戸線でも見かけました。
見かけたというより、他の普通の席と同じ調子で、
優先席の前に立っていた にじのぱぱの両隣と
向かいに座っている人が、通常の席と同じように
当たり前のように携帯電話を使っていました。

もう、電源オフの張り紙や、つり革をオレンジ色に変えて訴えても、誰も守ろうとしないルールです。
こうして崩れてゆくのだと思いました。
雪の影響で電車が遅れたために、会社にメールで連絡していたのでしょうか?
にじのぱぱもこれだけの人が優先席付近で携帯電話を使っていると、何も言えなくなってしまいました。
携帯電話の安全性を高めて、使ってOKとするほうが、オフを徹底してもらうよりも早い気がしてきます。

車両側面足元の反り

普段は私鉄と地下鉄で通勤しているにじのぱぱ。

最近、別の通勤先に通うことが多くなりJRにも乗ります。

ドアにもたれかかって、足がドアにぶつかり、疑問がわきました。

鉄道の車両(特にJRに多いように感じる)の側面は、なぜ反っているのでしょうか?

JR車両側面の反り

床の幅はどちらも同じで、より広くしたいため足元から広げているのかもしれません。
でも、足がぶつかって具合が悪いです。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

「CS」 誰がうれしいのだろうか?

♪一番、高木が塁に出てー
というドラゴンズの応援歌を歌っていた子どもの頃しか
プロ野球をテレビで見ていません。

最近は、テレビや新聞のニュースのスポーツコーナーでも
プロ野球に縁がありません。

それほど疎いのに、セ・パのクライマックスシリーズについては、
なぜ?と感じます。

なので、プロ野球ファンの方々や選手は、どう考えているのか知りたくなりました。


開幕から、体調管理をして1試合ずつ積み重ねてきた勝利の数は、まず、3位以内。
次にトーナメントとアドバンテージの数で有利になるための順位。
でも、約半年の長い期間の試合の成果が、ひっくり返される仕組みのCSです。

だれがうれしいのか、にじのぱぱにはさっぱりわかりません。
変化を好むマスコミとヤマバを作りたい経営者が稼ぎたいだけとしか、思いつきません。

ファンも選手もうれしいのでしょうか?

うろ覚えですが、昔のパリーグで、1年を2期に分け、それぞれの1位チームが最後に争っていたような時期があったと思いますが、やったとしてもそのくらいにしておかないと。
続けてきた成果が「無」になる仕組みがあるだけで、選手は日々の試合を戦う意欲がそがれそうだし、ファンも3位以内なら御の字だなんてユルイ気持ちになりそう。

こうなったら、順位でなく、1つ1つの試合の内容や選手のプレーに感動するというプロ野球の見方をするのだ、という前向きな考えで、CSをうっちゃっておかなければ、このやるせない不満はおさまりません。

※CSと直接関係ありませんが、今朝の朝刊では、日本シリーズ第1,2試合は地上波全国放送が無いそうです。

※昨日の夕刊では、「もしドラ」3月中旬4月25日(月)~29日(金)、5月2日(月)~6日(金)にNHK総合テレビでアニメとして夜10時55分から11時20分で計10話 放送されるそうです。(2011年4月21日訂正)
 にじのぱぱは、読んでいませんのでテレビで見ようと思います。
プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示