FC2ブログ

確定申告・運転免許の更新

■確定申告
数千円の還付でもありがたい制度なので、
所得からの寄付金額控除の申告を毎年しています。

昨年は、住宅ローンの控除申告初年だったので、
紙の書類提出が必須で手間でした。

今年は、住宅ローンの控除申告書類を年末調整時に会社に提出して済ませたので、寄付金の控除申告はe-Taxで、先ほど行いました。

少額の還付なので、源泉徴収票や寄付の領収証を添付し郵送するのは、正直、手間で、その必要の無いe-Taxは便利です。
でも、住民基本台帳カードやパスワードなどの情報はきちんと管理するという、新たな習慣が必要になります。
パソコンのウィルス等のセキュリティ対策も大事です。

■運転免許証
 にじのぱぱは運転しませんが、今日、免許証の更新のため、最寄りの警察署に行きました。
免許証がICチップ埋め込み型になり、数字4桁の暗証番号が2種類必要になりました。
ICに保存する情報を表示させるときに(表示させる端末は免許証更新する警察署の交通課に置いてありました)情報の種類に応じて2種類必要なのだそうです。
また、本籍を免許証上に表示させず、ICに記憶させたそうです。
 更新手続きの中で、顔写真を撮った後、免許証の更新日・生年月日・本籍・住所・暗証番号1・暗証番号2がプリントされた紙を渡されて、間違いないことを確認させられました。
この紙の保管場所に気を遣います。捨てると暗証番号を忘れそうですし。
とにかく暗証番号・パスワードが増えました。
このブログにログインするパスワードや会社で使うものを含めると全部違うものにするのは、工夫がいります。
こちらも情報管理の話題になりました。

また、運転免許証の裏面下半分が、臓器提供の意思表示記入らんになり、希望者は記入するそうです。
厚生労働省からの記入要領パンプレットも配られました。
にじのぱぱは、独身時代に記入していたカードがあるので、この機会に提供について再考し、昔のカードは処分しようと思います。
運転免許証に書くのは生々しいです。

運転免許更新での30分間の講習で印象に残ったことを2つ。
1)草加市は自転車事故が県内ワースト1
  だそうです。(人口あたりなのか、実数そのものなのか聞きませんでした)本当でしょうか。
  車・自転車・人の増加に道路整備が追いついていないのと、
  人と自転車が通りの少ない道路の赤信号を無視するのはありますが、
  最近は、特に早朝明るくなってきた時間帯に、通りの少ない交差点で
  信号が赤になっても車が交差点を渡りきろうとすることを見かけます。
  また、住宅街の道路でおそらく50km/h以上のスピードで走り抜ける車もあります。
  毎日走っていてそれまで何もなかったから、これからも続けるのでしょうか。

  田んぼのあぜ道が道路になったようなところが多く、道幅が狭く、
  車道・側溝に電信柱が加わって、歩道と車道さえも分離せず、
  自転車はオートバイと同様に車道に出て走らねばならない道がまだまだあります。
  側溝の横が田んぼならば田んぼに落ちてしまえば命は助かりますが、
  側溝の横が壁や、橋の欄干だったりすると、恐怖を感じます。
  特に、子供を乗せて走っていると多少不安定になるので、にじのぱぱも相当緊張します。
  
2)交通パートナーを家族と思って。
  後半15分はDVDを見せられます。(ディスプレイのテレビは亀山モデルでした)
  その中で、運転手は、他のドライバーや自転車に乗っている人や歩行者などの交通パートナーを自分の家族と思い、注意して安全に運転すること というナレーションが一番心に残りました。
  「交通パートナー」という言葉を初めて聞きましたが、家族と思って という共同体意識に訴えるところに関心を持ちました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示