FC2ブログ

やるせない短歌

時々ブログに書く毎日歌壇。

今朝、身につまされる短歌が掲載されていたので、ここに書きます。


 同じこと何度も何度もきく母に刺有る言葉でこたえたかなしみ


選者の加藤氏は「母と娘に「刺」の一文字が辛い。発した言葉は決して戻らない。だから悲しみとして受け止めるほか無いのだ。」と評して特選として選びました。

親が死ぬと多くの人が引きずる「かなしみ」の1つだと思います。

普段は忘れていても、ふと思い出すときが辛いです。
スポンサーサイト



テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示