FC2ブログ

おにぎりの味

おなかをとてもすかした後に、おにぎりを食べたとき、思い出します。


大学2年に野鳥の会のサークルに入って初めて泊まりで鳥見に行ったのが、裏磐梯・五色沼でした。
バスの終点の国民宿舎に泊まって、辺りを徒歩・バスで見て廻りました。

2日めは歩きで五色沼を経由し、もう少し先の人気の少ない沼に行くとのことでした。
(人が多い観光地では、鳥は間近に見られません)
山に登りたい健脚グループは、もっと先の磐梯山だったか覚えていませんが、とにかく山に鳥を見に行くとのことでした。

前もって国民宿舎の管理人に、2日目のお昼用のおにぎりを頼んであるとのことです。

食堂で他の宿泊客と一緒に朝食を済ませ、ひとりひとり、宿のおばちゃんからおにぎりの包みを手渡され、水筒に水を汲んで支度をしていざ出発しました。

女性も3,4人いましたが、彼女たちは弱音を吐かないのに、私の方がへこたれていました。
意外と長時間歩くのです。
ワンダーフォーゲル部に負けず劣らずという感じでした。(入部したことはありませんが)

水筒の水は、昼食と帰りの分を残しながら大事に飲まないといけません。
車の通る舗装道路を長時間歩いたかと思うと、急に脇道の藪の中の細道に入って上ったり降りたり、一人ではとても行けない、二度と同じ道を歩けないくらい他にあまり歩く人のいない道を、リーダーの後をやっとこさついていきました。皆が疲れてきたのを感じ取ったのか、サブリーダー格の同級生が、「歌を歌おう」と、歌い始めました。何処で歌って覚えてきたのか、昔の山男が歌いそうな明るいエッチな歌も数多く、たまたま歌ってた数人のかたまりの中に女性がいなくて楽しい歌を聴きました。

正午を過ぎてもなお歩き続けています。
もう、鳥なんてどうでも良くなっています。
それでも、「アオジか?」などと誰かが鳥を見つけると、首からさげている双眼鏡で探す気力は残っていました。
その双眼鏡も、この泊まりの鳥見のために、鳥見では使いやすく視野の広めなNIKONの8倍のものを、池袋のビックカメラで数日前に買い求めて使い始めたばかりで、動き回る小さな鳥をさっと視野の中に入れられずにもたついていました。
鳥見初心者にとっては、鳥は見逃し、見たとしても手持ちのフィールドガイドを読む気力も無く、山歩きに来たのとさして変わりませんでした。

当時の国民宿舎の朝食は質素で、こうまで歩き回ると知らずおかわりもしなかったので腹ぺこでした。
幸い、高原からさらに登ったところなので、時折涼しい風が吹くと助けられました。

舗道からかなり入った森の中を長い間歩いていると、視界が開けた場所に出ました。
ここが目的地の沼だそうです。(名前が思い出せませんが、風景は思い出せます)
沼と言うより湿地で周囲をヨシの類が生い茂っています。

前を行くリーダーから「めしにしよう」の声が聞こえ、ようやく座って休めました。
リュックサックから包みを取り出し、竹の皮の包みを開けると、大きいおにぎり3つとたくあんが入っていました。
早速1つめのおにぎりをほおばります。
白いご飯はおにぎりにしてはしょっぱめで、さらに、2くちめで出てきた鮭の塩焼きは辛口でした。
当時は、「汗を大量にかいたから、塩分補給だ」と思っていましたが、いたまないようにという宿のおばさんの配慮だったのかもしれないし、そのおばさんは昔からしょっぱいおにぎりをにぎってきたのかもしれません。

最近のNHK「ためしてガッテン」では、普通に汗をかいている場合は汗腺から汗が出るときに塩分を再取込みするそうですが、一度に大量に汗をかく場合は再取込が追いつかず汗と一緒に塩分を失うとのこと。なので普通に汗をかいた場合は、水分だけを補給するのがよく、塩分を摂取すると塩分のとりすぎになるとのこと。
当時のしょっぱいおにぎりは、大量に汗をかいていたのでよかったのでしょう。

おにぎり3つの中身は鮭と梅干しと後は覚えていません。
一番覚えているのは、おにぎり3つとたくあんがとってもおいしくありがたく感じたこと。
ひとけの無い自然のなかで(たぶん一人だとちょっと怖くなるかもしれないぐらい大自然に感じた)、おばちゃんに握ってもらったおにぎりは、おなかも満たされましたが、疲れた気持ちも満たされ、これで帰りも歩けるだろうと力が湧いてくるような気がしたのです。

帰りは途中のバス停でちょうどタイミングが良かったためバスに乗り、あっという間に宿の近くに着いたときはバスがとってもありがたく感じていました。(立っていましたが)
スポンサーサイト



テーマ : なんとなく書きたいこと。。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示