FC2ブログ

なぜなぜ分析

なぜなぜ分析 実践編 小倉仁志著
1108240070.jpg


再発防止策・根本対策を立てる目的で、その目的への方向範囲で原因を深掘りする技術を紹介しています。

さんじのぱぱが大事と感じたこと

<大事1>
 なぜ→なぜとすすめてゆく最初の「なぜ」の設問が大事なので、これを間違えずに明確・具体的な表現で記述すること。

最初の「なぜ」は、本の例ではだいたい、次の①②③で記述しています。

[~~がなされていなかった]の最初の「なぜ」は、
  ①「Aが、~~をしなかった」
  ②「Aが、~~していないことに気づかなかった」
  ③「リーダーが、~~がなされていないことに気づかなかった」


<大事2>
 担当者のなぜなぜ分析の報告に対して、管理職が所管部署のマネジメント上の課題を抽出し分析し、他部署の課題もおさえること。


さんじのぱぱは、この本に期待しすぎて読んだので多少物足りない感じでしたが、次の点、再認識しました。
 1)再発防止策決定という原因究明の目的を踏まえて「なぜなぜ」をすべきということ
 2)再発防止策が、本当に解決策になっているかという逆向きに考えて検証する有効性。なぜなぜの途中でも、なぜの答え(理由)を出した後で、その理由が答えになっているか逆向きに検証。
スポンサーサイト



テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示