FC2ブログ

大人の流儀

大人の流儀 伊集院静著
1108240071.jpg

新聞広告が気になって読んでみました。

ノンフィクションや仕事がらみの本ばかり読んだ後で触れた、作家の書く文章は、心地良くかつ味を感じました。

世の中には、まともな大人は10人に2人くらいというところが、残念だけれど本当だろうと肯いてしまいました。



さんじのぱぱも、通勤途中の駅や電車ではいろいろな大人に出くわしますが、最近強く感じることは、「ひとこと言えば良いのに」ということです。

電車の扉が開き、奥の方から出る人が前の人を押すだけで「降ります」のひとことを言わないのが、ぎくしゃくさせます。

電車に座っている人が降りるとき、前に立っている人に「すみません降ります」とひとこと言えばいいのに、立っている人が気づいて動くのが前提になっています。



本の最後に、夏目雅子さんの看病について書かれていて(つらいですが)、親しい人を亡くしたときのつらさについて、著者が映画で観たチェチェンの老婆のセリフを紹介しています。
「あなたはまだ若いから知らないでしょうが、哀しみにも終わりがあるのよ」
スポンサーサイト



テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示