FC2ブログ

甘平(かんぺい)

甘平(かんぺい)は、
愛媛県で「西之香」に「不知火」の花粉を交配したみかんの品種「愛媛34号」の名前だそうです。
近所のスーパー(ベルクス)で、妻が買ってきました。
1203080038.jpg

5個で398円です。
値段だけ見ると、決して安くありません。
でも、他では1個200円台のものも売っています。
買った甘平は小さめだから安かったのでしょう。

ところがどっこい、手にした瞬間、これはただものではない。
きっと甘いに違いない。と確信します。
中の身がはちきれんばかりに皮が薄く突っ張っている感じがします。

短期間に形だけ大きくしようと実ったみかんは、皮だけ育って、皮と身の間に隙間があるようにぶかぶかな感じがします。
そんなみかんでおいしいと思ったことはほとんどありません。

逆に、じっくり育ったみかんは身がしまって外の皮がパツンパツンな感じがします。
こんなみかんは、甘みと酸味のバランスがよく、味が濃いことが経験から身についています。


皮をむきました。
予想通り、薄い皮でパツンパツンです。
1203080039.jpg



もっとむきます。
1203080040.jpg

中の身が、薄い皮にギュッと、閉じ込められていたのか、
むくと、プクンとはじけるように膨らんでいる感じがします。



中の身の皮も薄いので、半分に手でひろげると、皮が裂けてしまうほどです。
1203080041.jpg


味は、甘いだけでなくさわやかな酸味が残っていて、かつ、濃厚です。
みかんというより、ポンカンやでこぽんのような、少し大きい柑橘の種類の味に近いです。
香りはオレンジほどの強さではありませんが、普通のみかんより香る感じがします。
中の身の薄皮は皮が薄いだけに、むくと乾いた手触りです。

外の皮が薄いので手でむくときは慎重にむく必要がありますが、
中の身の皮が普通のみかんより薄いので、とても食べやすいです。

水分は普通のみかんとほぼ同じです。
とてもジューシーというほどではないので、ジュースにはむかないと思いますが、
手でむいてそのままパクリと食べるのに向いていて、おいしい!です。
そうでもないみかんの3倍は味が濃いと感じます。
つまり、5個398円は大変お得です。

もう、甘平なしには、冬は過ごせません。
でも、旬は1月下旬から2月下旬だそうです。

今度の冬も食べたいな。

愛媛県農林水産研究所の甘平紹介ページです。
スポンサーサイト



テーマ : ♪おすすめ♪
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

甘平さん

甘平は最高に美味しいですよね。
去年、初めて食べましたがこれ食べちゃうと他のミカンは食べ難くなってしまうほどです。
妻が愛媛県出身なのでミカン類が良く送られてきますが「甘平」が今のところ一番美味しいです。
もちろん今年も美味しく頂きました。
しかし、小さいとはいえ5個398円は見っけもんでしたね。
愛媛でも甘平は結構な価格で販売されてますよ。
私も来年は近所のスーパーを探索してみるべしです!

今年も楽しみ

kodamaさん こんにちは。
 子どもが大きくなったら、四国へのんびりと旅行に行きたいです。

 今年は、スーパーの青果担当や、八百屋さんに、
「甘平さん、まだ~」とねだってみます。
小さくてもおいしいので、
大きい贈答用の高級品でなく、
小さいものを手頃な値段で売って欲しいですね。

 楽しみは自分から探すと、どんどん増えて、待ち遠しくなります。
今は、もうすぐ鹿児島から出始める新茶が待ち遠しいのです。
鹿児島は、八十八夜でなく、七十七夜だそうです。
プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示