FC2ブログ

自給自足

今年2012年3月31日の日記で、
小林カツ代さんの本で覚えた
ほうれん草のソテー
(これが旬の肉厚のほうれん草で作ったら絶品)
を書きました。

段ボールをひっくり返して、
その本を見つけました。

自給自足 小林カツ代著 日本経済新聞社
1996年11月11日1刷 1,500円
TS3I0008.jpg

ほうれん草のソテーは
オリーブオイルに
(小さじ半分~1杯、または、ひとつまみ)の塩をフライパンに入れ、
ほうれん草を入れてごく軽く炒めた後、
お湯を入れたら直ぐにフタをして茹でます。
(シュウ酸をとるためらしい)
絶対にクタクタにしない程度にサット茹でる。
(さんじのぱぱは、フタを少しずらして押さえながら)
フライパンを傾けてお湯を切り、
水分をとばすために、また、さっと炒めます。
だから、最初にあまり炒めすぎず、且つ茹で過ぎないようにします。

最初にオリーブオイルと一緒に入れた塩味だけで、
とってもおいしい!

これは絶対オリーブオイルでなくてはいけません。
風味が違う。

真冬の地元で、
肉厚の葉、
しっかりした茎、
寒さで真っ赤になった根元(これが甘い!)の
新鮮なほうれん草が手に入ったら
必ず作る簡単おいしい料理です。

他に、ジャガイモの味噌汁は、
煮干し(いりこ)でとったダシがとっても合うのを発見したことを思い出しました。
ジャガイモと煮干しと味噌とお湯だけでとってもおいしい。

思えば、素材の味と組み合わせを発見していた独身時代でした。

小林カツ代さんありがとう。
スポンサーサイト



テーマ : 男の料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示