スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買ってあげる本

子供に本を買ってあげたい衝動がしばしば起きる。
何でもかんでもではない。かなり厳選している。それは突き詰めると自分が読みたかった本、最近はこんな面白い本があるんだと発見した本になっている。そのため、多くは五歳児にはまだ早く、本棚で待機している。
親の方が待ちきれなくなって、「この本、読んであげようか」と押し付けてしまう。理想的なシナリオは、本棚に置いてある本を子供が気づいて手にとってながめている間にとりこになっていて、「ご飯ですよ!」の声も聞こえていない。
できたら、その後感じた事を話し合ってみたい。子供が何をどう感じ、その後何か考えるところがあったのかを知りたいのだ。子供の成長がよみとれるかもしれないし、個性が分かるかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。