スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「復興財源確保法」による25年間の所得税源泉徴収追加分

会社からの連絡(掲示)で思い出しました。

そういえば、民主党時代に
復興のための財源を何年間にわたって確保するか、
10年・20年・50年などが話題になっていたことを思い出した。

そのときの25年が、
「復興財源確保法」による
平成 25 年1月1日から平成 49 年 12 月 31 日までの25年間なんですね。
源泉徴収される所得税に復興財源分が加わるということなのかと、結びつきました。

一人一人がわずかだったとしても25年間払うことを実感すると、
それって復興?と疑問に思うような税金の使い方は許せません。


復興分が加わる所得税率は、
いまの所得税率に1.021を掛けた所得税率になるとのこと。
国税庁の「復興特別所得税(源泉徴収関係)Q&A」

・所得税率が10%なら復興分と合計した所得税率10.21%で徴収される(払う)。
 高額所得で所得税率が高い20%なら20.42%払う。

・年末調整で、計算されるそうです。

 年末調整での復興特別所得税を含む年税額の計算は、次のようです。
 1.021を掛けるまえに0円になって所得税を払わない人は
 復興特別所得税も払わないことになる。
  このあいだのさんじのぱぱのよう。

   給与・賞与などの所得
 -)所得控除分(生命保険料・基礎控除・配偶者控除など)
 ---------------------------
   課税対象の所得の金額
       ↓
   課税対象の所得の金額
 ×)所得税率(5~40%の6段階)
 ---------------------------
   計算途中の所得税の金額
       ↓
   計算途中の所得税の金額
 -)税額控除分(住宅ローン控除)
 ---------------------------
   これまでの所得税の金額
       ↓
   これまでの所得税金額
 ×)1.021(2.1%増し)
 ---------------------------
   復興特別所得税を含む所得税
スポンサーサイト

テーマ : 税金
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。