スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団的自衛権

「集団的自衛権」の新聞記事の脇に添えられている
新聞の短い用語説明だけを読むと、
 国連憲章に規定された権利だから
 行使しない手は無い
との印象を持つかもしれません。

考え方の生い立ち・背景を知りはじめると、
日本国民が生きてゆくのに、その行使が得策とは考えにくい。

1)ブログ
内田樹の研究室
2014年03月16日赤旗日曜版のインタビュー
2012年09月14日「集団的自衛権と忠義なわんちゃんの下心について」

2)本
集団的自衛権とは何か
豊下楢彦著 岩波新書(新赤版)1081
2007年7月20日第1刷

第一次内閣のときの「俗説」に対する痛烈な反論。
今も、同じことだと思う。

<読書メモ>
・共通敵 はじめにiページ
 集団的自衛権は「共通敵」の設定を前提とする。

・みずからの敵が誰なのか はじめにiページ
 ドイツの政治学者カール・シュミットが「政治的なものの概念」(1932年)にて
 みずからの敵がだれなのか、だれに対して自分は戦ってよいのかについて、もしも他者の指示を受けるというのであれば、それはもはや、政治的に自由な国民ではなく、他の政治体制に編入され従属させられているのである

・国連憲章で武力行使を認めている3つの場合
 ①集団安全保障
  安全保障理事会の決定に基づいてとられる「軍事的措置」(42条)
  「平和に対する脅威、平和の破壊および侵略行為」の発生に対して。
  (仮想敵を想定していない)

 ②個別的自衛権の行使(安保理措置までの間)(51条)
  国連加盟国に対する武力攻撃が発生し、安保理が措置するまでの間に限り
  自国が攻撃された場合自衛。

 ③集団的自衛権(collective defense)の行使(安保理措置までの間)(51条)
  事前に想定された「敵」が同盟国を攻撃した場合に
  みずからが直接攻撃を受けていなくても
  武力を行使して「共同対処」する
  (仮想敵を想定する)
  ①の集団安全保障(collective security)とは概念が違う。

・定義「集団的自衛権」・・・日本での通説
 自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が直接攻撃をされていないにもかかわらず、実力を持って阻止すること
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。