スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル書店の楽しみ

東中野の東京堂書店に立ち寄りました。

すると、こんなふうに、30種類ほど平積みで。

「ほんのまくら」フェア


1302160001.jpg


作家、小説家、文士...
呼び方はともかく、物語を書く人は
書き出しにこだわるはずで。

それだけをたよりにさせる発想。
買う側のひらめき・ときめき・感覚が問われます。
この趣旨に嬉しくなり、思わず2冊買いました。

「辻斬り...」の方は、どこかで見た覚えがあるような、それともdéjà-vu?

「かわいいおまえが...」は、うちの息子も4つになるのがいるので、思わず親心から。


お財布を気にしなければ、ついつい買ってしまいそうな書き出しの本ばかりが並んでいました。

コミックのようにパックされていて中は分かりません。

裏は、こんなふうです。
1302160002.jpg

リアル書店がんばれ!
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。