スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入学式

4月8日(月)は長男の小学校入学式が午後からありました。午前中は2年生以上の始業式のようでした。
下の子の面倒をみる必要もあり、私の母と妻の父もお祝いに来てくれることになったので、会社を休んで出席しました。

今から40年以上前の私の小学校入学式の時は、父親は会社を休まず(or休めず)団地の芝生で母が記念に写真を撮ったことを、そのときに撮った写真を後から何回か見ているので覚えています。

これから毎日、小学校へ通うことを想うと、大きくなったなぁと感慨にふけってしまいました。

<気になったこと>
1)記念写真の行列
小学校の校門に設置の「入学式」の立て札の前で記念写真を撮るために、20分ほど待つくらいの行列ができていました。
「入学式が終わった後も立て札はしばらくはずさないので、後からでも撮影できます」と学校の警備員さんが説明していました。
後から撮るときは、時間に余裕があるためか、1家族当たりの撮影時間が長く、30分以上も並びました。
大変です。
下の子の時は、早めに行こうと決心しました。
もっと計画的な人は(電車の中で誰かが話しているのが聞こえたのですが)、1,2週間前の桜が満開の頃におめかしして小学校へ行き、桜を背景に写真を撮るそうです。

2)舞台に上がらない
 入学式は体育館で行われました。
校長先生の挨拶や祝辞など話をする方々が出席者と同じフロアーで話すので、後ろの方からは顔が見えません。
なぜ、舞台に上がらないのか不思議でした。
 いまどきは、教室に教壇がなく生徒と同じ高さから授業をするそうなので(上から目線を嫌うのかもしれませんが前に立って説明するのならば一段高い位置でもかまわないと、さんじのぱぱは考えます。生徒と一緒に考えるような授業の場合は生徒と同じ向きの机に座って進行を見守るようにすればいいですよね。)、その延長上なのかもしれませんが、体育館では聴く人見る人のことを考えて、舞台に上がって欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。