スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の母の日

妻のリクエストもあり、さんじのぱぱは、母の日の日曜日に夕飯を作りました。
三人の息子の中で一番食の細い次男に、カレー/もやし炒め/餃子から選ばせると、餃子がいいとのこと。
餃子の皮は出来合いですが、豚ひき肉、ニラ、キャベツ、長ネギを近所のスーパーで買い、私が餃子のアンをこねて塩・しょうゆ・砂糖で味付けし、家族みんなで皮に包みました。後で気づきましたが、玉ねぎや椎茸を入れるといいかもしれない。生姜やニンニクも入れたかったのですが、子供が食べにくくなるかもしれないと思い、やめました。
焼き餃子にしたので、私がフライパンでやきました。
焼き餃子は焼きたてのアツアツをつまみ食いするのが美味いのです。全部で60個作ったので4回に分けて焼きながら待っている間に味見でつまみ、10個以上も食べてしまったのでそれで夕飯が済んでしまいそうでした。
長ネギと多めのニラで大人の味付けになりましたが、次男も自分で包んだ餃子を探して、満足して美味しくたべました。
材料やその分量、焼き方は、過去3,4回作った記憶に頼っただけなので、焼き色の加減や味付けの濃さが難しかった。
最初、水やお湯を入れる前に焼き色をある程度付けてしまうのが良いのか、火加減は強めで短時間の方がジューシーに仕上がるのか、あまり時間が短いと中まで火が通らないかもしれないと心配したり。次回は作り方を調べてからにしよう。
餃子は、家族みんなで包む過程が良いですね。
冬だと、白菜が使えます。水餃子の方が楽かもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。