スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテル・ルワンダ

一つ前のブログに書いた「本当の戦争の話しを...」を読めばそこで紹介されているので見たくなるこの映画をレンタルDVDで観た。
★★★★

心を揺さぶらすのは、個別・具体の一人一人の人間の物語だ。主人公の家族が殺されそうになることに憤りを感じてハラハラ見る。実際の内戦では、そのハラハラの家族が何十万もあったのだ。
いつも思うが、何十万をひとまとめで語られると冷静に考えられるかもしれないが切迫感が少ない(だから残虐にもなってしまう)。映画のように、ある家族に焦点を当てて描くと、刺激的だが一面的な見方になる恐れがある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。