FC2ブログ

出会いのすがすがしさ

きちんとしている(きちんと仕事をする)方とお会いし、お話をすると、とても清々しい気分になります。
良い刺激を受けます。

30歳代の頃は、そのように感じたことはありませんでした。
40歳代になって、自身の価値観が築かれてきたから感じ始めたのでしょうか。

一期一会だとか、出会いを大切にだとかいう言葉にピンとこなかったのですが、最近はそうかもしれないなと、ふと想う時があります。
一昨年からの家造りや、最近の会社内の異動で、初めてお会いし話をするという機会が増え、一層感じたことです。
(内気な、にじのぱぱですが)

特に家造りでは、依頼先や注文先の社長さん(横田さん、前田さん、木村さん)と話をする機会を得て、貴重な体験です。
普通、営業でないサラリーマンは社長さんと話をする機会はありません。
もちろん社長さんだけでなく、社員の方や現場で働く大工さんなどとの貴重な出会いは言うまでもありません。
家造りでの貴重な出会いや経験は、ブログ「家族が気持ちの良い家造り」でのweb内覧会の最後に書こうと思っています。
1つだけ「にじのぱぱ日記」に書いてしまいますが、家造りはプロジェクトであり、プロジェクトリーダかつ完成後はユーザでもある建て主は、プロジェクトを通して多くの人生経験をし、それにより生きてゆくことに一層の自信を持てる、ということが実感できました。

有り難いことです。(古語としての「めったにないこと」という意味を含め)

卒業した大学の学園祭で、宣伝のため最寄りの駅近くに、「人は人によって鍛えられる」と書かれた立て看板が置いてあり、ゼミの名前が添えられていました。それを見た25歳ぐらいのときは、なるほどそうかもしれないと思いつつ通り過ぎていましたが、今は、確かにそうだ!と、家造りの実体験からも共感しました。

もちろん人だけでなくヒト以外の自然によっても鍛えられる部分があると、にじのぱぱは思ってます。
また、鍛えられるということの意味は、成長すると捉えるのがよいと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 家を建てる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示