FC2ブログ

エビスグサの謎

緑肥(枯れたら肥料などとして土にかぶせたりすきこむ)として、
また、根が1mほど深く張るとのことで、硬い土を砕くことを期待して

エビスグサの種をまきました。

芽が出てふくらんで♪
1007110046.jpg

までは、よかったのですが、



夜になるとパタンと葉を閉じます。
1007100045.jpg



7日後、もう少し大きくなっても、夜は葉を閉じます。
1007170001.jpg

ふた葉も、本葉も閉じます。


「就眠運動」というそうです。

ダーウィンの仮説などがあるそうですが、検証されず理由が分かっていないそうです。
謎ですねー。

マメ科などいくつかの種類での現象だそうです。

エビスグサにとって、夜、葉を閉じることで、何の良いことがあるのでしょうか?
あるいは、何の悪いことを避けられるのでしょうか?
不思議ですねー。


にじのぱぱも、「しろうと仮説」を立ててみました。
1)月明かり程度の光でも、葉に光を当てたくない。
  光合成の活動を休ませ、別の活動または休んでいるのではないか。
  →夕方に覆いをして、月明かりも届かないようにすれば、葉を閉じなくなるのでは?

2)虫に葉を食べられないようにしている。
  閉じても食べられそうなので、この仮設は却下!

3)雨・風の影響を受けにくいように閉じている。
  写真をよく見ると茎が細いです。
  夜は葉を開く必要がないので、安全のために閉じている。
  →何世代もハウス栽培したエビスグサは、葉を閉じなくなるだろうか?

もう、思いつきません。

にじのぱぱ日記をご覧頂いている皆様、
これは、という仮説があれば、コメントよろしくお願いします。
スポンサーサイト



テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示