FC2ブログ

ほんものではないもの

世間では、土・日・月と3連休の方が多かったと思います。

もちろん休みの日だからこそ営業する会社の従業員は、別の日に休むと思いますが。

にじのぱぱは、休みの日にお客様相手に稼ぐ仕事ではありませんが、仕事・休み・仕事の3日間でした。


それはともかく、
月曜日に会社に行き、お昼にはビルの中に入っているラーメン屋に行きました。
(ファミマのパンとおにぎりも飽きてきたのです)
一番安い醤油ラーメン680円を注文し、食べてびっくり。
スープがインスタントラーメンと同じような化学調味料満載の味なのです。
後々まで舌に残る味がとてもいやでした。
もちろん、スープは残しました。

刻んだ長ネギが乗っていましたが、輪切り(小口切り)が乱雑で分厚く、
こういうところでも、店の態度がわかります。
蕎麦屋でも、包丁だろうがスライスの機械だろうが、
品のある美味しい店は、ネギを薄い小口切りにします。
ぶつ切りのような感じで、まるでエサのように出されると、
いちいちうるさいにじのぱぱは、いやになります。

お店の名前は出しません。
美味しいお店なら名前を出します。



口直しに、やっぱりファミマに寄って、250円近くのバニラアイスクリームを買いました。
仕事場の席に戻って(他に誰もいませんが)、アイスクリームのカップの原材料を見てびっくり。
”バニラ香料”と書いてあります。
これって、バニラビーンズとは違いますよね。
あくまでも合成した香料ですよね。
でも250円近くしたのですが。
バニラのみのアイスクリームなのですが。
メインの風味のバニラが香料とは。
またまたガックリ。
こちらも名前は出しませんが、値段からすぐ判ってしまうでしょう。
美味しいと言えば美味しいのですが、がっかりです。

おもわず、ネットでアイスクリーマーを検索して、自宅で好きなアイスクリームを作ろうかと思いました。
ちょっとお酒を入れてみたり、甘さを調節したり、プリンづくりで残っている本物のバニラビーンズを使ってみたりと、夢が拡がります。

本物を知って舌が肥えると、外で食べてがっかりすることが多くなりそうですね。

◇予告◇
今、日本の森についての本を読んでいますが、近々、感想を書きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!!!
ほんものではないものが世の中溢れていますね(あえて偽物といわないにじのぱぱに拍手です)
ほんものでないものをずっと食べ続けるとほんものの味がわからなくなり、化学調味料の味でないと、物足りなく感じるそうですね。

ここ10年くらい職場の後輩の好みを聞いて愕然としたことがあります。
特にラーメンは顕著にあらわれますよね。

美味しいと感激です。

ノリスケさんこんにちは。
にじのぱぱはラーメンをほとんど食べないのですが、ラーメンブームがあったのにもかかわらず、あんな味でお店を出せるなんてびっくりしました。

にじのぱぱが好きなものの一つに、いりこでダシをとったジャガイモの味噌汁があります。
いりこダシとじゃがいもの組み合わせは、粒あんのあんパンとブラックホットコーヒーの組み合わせに勝るとも劣らない美味しさです。
いりこは頭やはらわたをいちいち取りません。家庭料理ですから。
おまけに、いりこは鍋の中に入れっぱなしで、味噌汁をお椀によそうときに一緒に入ってきたら食べます。もったいないですから。
この、にじのぱぱ食文化は、子供に伝えようと思います。

欲しいと思ったときに、本当に美味しいものをいただくと、体中に栄養が行き渡ったような、みなぎる力というものを感じます。
これは、30歳過ぎ頃から感じ始めたものです。
味噌汁のだしで、化学調味料と本当のだしの味の違いが判るようになりたいと思い、一人暮らしの時に本当のだしで味噌汁を何回も作っていただいていました。(鰹節削り節はパックのものでしたが)
また、味噌汁以外では、おひたしをつくるとき、本当のダシ汁で茹でたほうれん草を浸して冷蔵庫で冷やして頂くのがとても美味しかったです。このときのダシは「塩梅」と言う言葉があるように、ダシのうま味と塩分の関係が微妙で、ちょうど良いバランスの近辺では、塩加減のちょっとの差でしょっぱく感じたり物足りなかったりした覚えがあります。
プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示