FC2ブログ

広島の平和記念式典を見て

まずは、8月7日の朝刊に掲載されているであろう
「ことば」を読んでみると、良いかと思います。
 ・広島市長の広島平和宣言
 ・菅直人首相の挨拶
 ・潘 国連総長のあいさつ

にじのぱぱは、式典を録画して夜見ました。

<感じたこと>

1)広島市長の「核の傘」からの離脱実現要求 → 国へ
 周りの国々の「核」がある以上、米国の「核の傘」は抑止力として必要だという「当たり前」の思いがあるにせよ、離脱するための方法・手順はともかく、まず、最初に、目標を宣言することに大きな意味があるのだと思いました。
 宣言することから、事を動かすのです。
 世界74カ国から参加者が駆けつけ、黙とうしたのですから、この好機を捕らえて、世界4000都市から成る「平和市長会議」の会長である広島市長が宣言することは、発信する力も大きいと思いました。
 政府が率先して動くようには見えないので、動かざるを得ない状況にまで、国の代表ではない市民レベルにおける意識の醸成には、まず宣言だと思いました。

 たぶん広島弁を交えた宣言は、広島市民ひとりひとりの言葉を、たまたま市長が代わりに発信しているんだよ!聞いて下さい。という雰囲気で、よく練られた感動的な演説でした。

「広島平和宣言」で気づいたこと
  ・”核廃絶の緊急性”という言葉が繰り返された。緊急性と言う言葉が頭に残ります。
  ・”世界で最も我慢強き人々”という言葉が印象強かったです。
   それだけ被爆者に我慢させてしまった国を含めた私たちの至らなさということが、反語として生きてきます。


2)ルース米国大使
 にじのぱぱは、頭が薄いのでよく分かるのですが、炎天下では1分もすると、頭が焼けてくる感じでかなりきついものがあります。帽子は欠かせません。
 ルースさんは、礼儀として、スーツを着て帽子をかぶらず、参列していました。
 新聞は、”硬い表情を崩さなかった”と書いていますが、暑さもあったのだと思います。
 外交官だから本音は言わないですが、式典に参加した後の個人的な感想を聞いてみたいです。


3)NHKの放送
 世界74カ国から出席している式典は、最初から最後まで放送すべきだと思いました。
 潘 国連総長の挨拶は映像にありません。あいさつ要旨を新聞で読んだので映像を見てみたかったです。
 高校野球を全試合放送するより、意義があると思います。
 74カ国がどの国かを伝えて欲しいのですが、新聞がその役割を担うメディアではないでしょうか。


4)英・仏の出席
 最後まで米国との関係を考慮して出席を見送ってきた英・仏が、今回式典に出席したとの報道だが、
 放送ではその顔は判らなかった。

5)鎮魂
 多数の国々からの出席者で、まるで国際会議のようにふくらみ、式典の原点である「鎮魂」の意味が相対的に薄れていないかと感じる方がいるかもしれません。
 毎年出席している方はそう感じるかもしれません。
 式典の式次第のなかで、原爆で亡くなった方へ哀悼気持ちを伝える時間を中心にするのが大事だと思いました。
 でも、世界中から出席される方々へ、式典後に、「平和市長会議」が主催しても良いですが、
 別会場で、意見交換する場があると良いだろうとも思います。既にあるかもしれません。

にじのぱぱが 平和記念式典にこれほどこだわっているのは、
式典の放送を見ると、特に市長の宣言がこころを揺さぶるからです。つまり感動的なのです。
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国連総長 パン

国連総長選で日本は韓国の潘基文の支持表明をしながら、投票は保留にしたのか?日... 国連総長選で日本は韓国の潘基文の支持表明をしながら、投票は保留にしたのか?日経のいいまわしが曖昧でよくわからないので、具体的に教えてください。 http://www.nikkei.co.jp/news...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
・思うこと、こころ動かされたこと。
・そもそも、あたりまえのこと
 を考えながら書いてゆきます。

さんじのぱぱ

Author:さんじのぱぱ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示